シルウオッチ

2020年09月30日

シルウオッチ操作ボックスと腕時計型受信機の呼び出しの動画。




シルウオッチと操作ボックスの動作。
操作ボックスと腕時計受信機の組み合わせ。
複数のメッセージとシルウオッチ携帯受信機の組み合わせを予め操作ボックスに登録、設定します。
押しボタン操作一つで、シルウオッチ携帯受信機を個別呼び出し、またはグループ毎に呼び出す、という利用ができます。


https://www.musen-yobidasi.com/silwatch/index.htm


musenswitch at 13:22|Permalink

2020年09月28日

シルピカ(※シルウオッチ、オプション機器)



シルピカ(※シルウオッチ、オプション機器)

高輝度LEDの光と85デシベルのアラーム音で、シルウオッチ送信機から呼び出されていることを知らせます。
据え付け式。ネジで壁などに固定して利用します。

LEDの点滅とブザー音はストップボタンを押すと停止します。
社内を移動中の社員が押しボタン操作で事務所で連絡。送信機の押しボタンを押すと、事務所内のシルピカが作動します。

電源ACアダプター。
本体サイズ 横65ミリ×縦109ミリ×厚み28ミリ


https://www.musen-yobidasi.com/silwatch/index.htm




musenswitch at 09:38|Permalink

2020年08月24日

シルウオッチ1台で4点の接点信号異常を通報できますか?

送信機;1台
接点入力:4点(無電圧a接点)
呼称出力;1接点に対しポケベル5台を呼び出す。
4接点分で合計ポケットベル20個。
4つの設備の故障信号を其々の4つのグループの担当者に通知する。

-------------------------------

シルウオッチの送信機は、1台で2点までの接点信号しか監視することはできません。
その為、送信機2台のご利用をおすすめします。

送信機No.1
接点信号1が入力される → 第1グループのシルウオッチ受信機5個を呼び出します。
接点信号2が入力される → 第2グループのシルウオッチ受信機5個を呼び出します。


送信機No.2
接点信号1が入力される → 第3グループのシルウオッチ受信機5個を呼び出します。
接点信号1が入力される → 第4グループのシルウオッチ受信機5個を呼び出します。


シルウォッチ-携帯型無線呼び出しシステム
押しボタン操作や接点信号による自動通報で腕時計型受信器や携帯型光受信器を電波で振動とアラーム音で呼び出します。
呼び出し場所情報は液晶画面にメッセージを表示できます。工場の設備監視の無人化、店舗運営の省力化にもご利用いただけます。


musenswitch at 17:02|Permalink

2020年08月22日

シルウオッチの中継機の導入と使い方について質問させていただきます。

シルウオッチの中継機を導入すると、通信距離が長くなると書かれておりますが
中継機を2台導入することも可能なのでしょうか。
現地の環境で変動することは十分承知です。

送信機⇒中継機⇒受信機 約400m強
送信機⇒中継機⇒中継機⇒受信機  約700m強 

-----------------------


シルウオッチの中継機は汎用性の高い機械でして、基本的に台数制限はございま
せん。同一システムの中で何十台でも利用できます。

腕時計受信機は、
中継機でカバーしなければならない離れたエリアでも、送信機のすぐ傍でも普通に作動します。


>送信機⇒中継機⇒受信機 約400m強
>送信機⇒中継機⇒中継機⇒受信機  約700m強 

直線的な距離のイメージは上記の通りとなります。


ただ、どちらかと言いますと、建物内の曲がり角や壁、大型機械など途中の障害物を避けて、
左右方向に電波の迂回させて、通信しやすいルートを作るための機械とおもっていただいた方がよろしいかと思います。


シルウオッチ
押しボタン操作や接点信号による自動通報で腕時計型受信器や携帯型光受信器を電波で振動とアラーム音で呼び出します。
呼び出し場所情報は液晶画面にメッセージを表示できます。


musenswitch at 15:46|Permalink

2020年04月17日

新型シルウオッチ腕時計受信機の従来型との違い

新型シルウオッチ腕時計受信機

新型シルウオッチ腕時計受信機


新型シルウオッチ腕時計受信機


従来モデルとの相違点としては

①バンド
バネ棒式から一体型バンドへの変更。厚みもある為切れにくくなりました。

②腕時計型受信器のボタンがケースを変えたことにより、1~2㎜突出している為、押しやすくなりました。
内部基盤は変更していませんので、従来の送信器や中継機で利用可能です。



シルウォッチ
押しボタン操作や接点信号による自動通報で腕時計型受信器や携帯型光受信器を電波で振動とアラーム音で呼び出します。呼び出し場所情報は液晶画面にメッセージを表示できます。工場の設備監視の無人化、店舗運営の省力化にもご利用いただけます。



musenswitch at 14:28|Permalink

2019年08月19日

シルウオッチを使って屋外で作業中の人を事務所から呼び出す導入例。



ガラス面は電波をよく通します。
窓ガラス越しに中継機を介して外にいる人をシルウオッチを使って呼び出すイメージ図。

※呼び出せるのは中継機を配置したガラス窓方向の人のみです。
※網入りガラスは電波を遮断します。


シルウォッチ-携帯型無線呼び出しシステム

musenswitch at 11:53|Permalink

2018年09月10日

シルウオッチ送信機側のボタンが押されないと振動が止まらない改造は可能でしょうか?

シルウォッチを検討しておりますが、
受信機の振動やアラームを送信機のボタンが押されないと止まらないような設定や改造は可能でしょうか?

----------------------------------------------------

たいへん申し訳ございませんが、
送信機側から手動操作でシルウオッチ受信機を停止する事はできません。

逆に、受信機のソフト設定の変更で、
受信機のボタンを長押ししないと振動、アラーム音が止まらない、という設定は可能です。
腕時計受信機の場合、4つあるボタンの内のどれか1つを2秒間以上長押ししないと振動は止まりません。
※標準設定の呼出は、1回のコール(振動、アラーム音)は約5秒間で自動停止します。


シルウォッチ-携帯型無線呼び出しシステム
シルウォッチは機械・装置などと連動して、振動・音・文字などで腕時計型受信器等へ情報を届ける無線通信機器。
騒音の激しい製造工場や工事現場、静寂が必要な各種施設での情報通達から店舗等での防犯。
緊急通報をはじめ、さまざまな用途でご活用いただけます。


musenswitch at 17:10|Permalink

2017年11月14日

双方向シルウオッチの送信機、中継機の台数制限はありますか?

送受信器は16台、中継器は9台と言う条件があります。
それ以上は同じ周波数では使えません。


双方向シルウォッチ-携帯型無線呼び出しシステム




musenswitch at 18:05|Permalink

2017年10月26日

双方向シルウオッチ送受信機の仕様



押しボタン、もしくは接点信号(無電圧a接点信号)の入力で、 シルウオッチ腕時計型受信器を電波で呼び出します。
さらに双方向シルウオッチ腕時計送受信機から発信された応答電波を他の腕時計送受信機に中継します。

使用電波 429MHz帯
通信出力 10mW
使用電源 AC100V-5Vアダプタ または単4電池2本
定格電流 50mA Max
重量 約75グラム
動作温度 -10度~+50度


双方向シルウォッチ-携帯型無線呼び出しシステム

musenswitch at 10:01|Permalink

双方向シルウオッチ腕時計型送受信機の仕様



使用電波 429MHz帯
通信出力 10mW
使用電源 リチウムイオン電池3.7V
定格電流 150mA Max
重量 約45グラム
動作温度 -10度~+50度
防水性能 JIS防水保護等級5級相当

1日5~6回程度の受信で時刻を常時表示にした場合、1回の充電で約4日間連続使用することができます。

双方向シルウォッチ-携帯型無線呼び出しシステム


musenswitch at 10:00|Permalink
最新記事