一人暮らし

2017年12月28日

一人暮らし高齢者安否確認システムの動きと操作方法。

1.帰宅すると、押しボタンで安否通報機を在宅モードにします。(お出かけ中の赤ランプが消えた状態にします。)
安否確認タイマーがスタートします。

2.住居に設置された安否確認センサーが人の動きを感知すると、タイマーは一旦クリアにされ、再度初めからカウントがスタートします。
※安否確認センサー → ドアセンサー、人感センサー

3.センサーが反応する度にタイマーはクリアされ、再度カウントがスタートします。

4.在宅中に設定時間内にセンサーが感知しなかった時、異常と見なされ電話通報がスタートします。


5.外出する際に、留守モード(お出かけ中の赤ランプが点灯状態)にするとタイマーのカウントは止まり、カウント中の時間はリセットされます。
通報機の電源を落とした場合も同様にタイマーはカウントは止まり、カウント中の時間はリセットされます。


月々の費用のいらない一人暮らし高齢者老人安否確認システム


musenswitch at 14:31|Permalink
最新記事
QRコード
QRコード