2018年12月10日

500mで直線上に並ぶ4点の設備信号を1台の無線表示器に表示できますか?

接点信号監視用の特定小電力無線システムで、以下のような運用イメージ4点の接点信号を1台の表示器で監視できます。


(例)
送信機-接点信号1を監視、受信機から一番遠い位置

中継機1-接点2を監視

中継機2-接点3を監視

中継機3-接点4を監視

受信機
発報した接点を識別するLEDをつける事ができます。上の場合LEDは4個。


特定小電力無線システムを使った場合の警報電波の通信距離ですが、100~300m程となっております。中継機を使うと500~600m程まで通信距離を伸ばすことができます。
※通信可能距離は周囲の環境により変わります。

リレー接点監視無線自動通報装置(特定小電力無線接点信号伝送システム)
各種設備からの接点信号(無電圧a接点信号)を受けて、電波で離れた場所の受信機に伝送し接点出力を行います。
各種設備の無人監視に。通信距離100~300m。通信距離の伸ばす中継機を入れることもできます。


最新記事
PR
無線式重機追突警告システム
無線式重機追突警告システム

カード型電波発信機を装着した現場作業員に一定の距離までフォークリフトが接近すると、 フォークリフトの運転席のランプで接近警告の注意を促す無線システムです。 同一場所で複数の重機と複数の作業員が同時に使用することもできます。 フォークリフトと作業員の接触防止対策、事故防止対策に。

無線式重機追突警告システム2
無線式重機追突警告システム2

工場や倉庫の交差点や曲がり角に設置されたパトランプ受信機に電波発信器を つけたフォークリフトが接近すると、自動的に回転灯が回って周囲の作業員に注意を促します。
工場内、倉庫、構内などの交通事故防止対策、衝突防止対策、安全対策に。

無線式重機追突警告システム3
無線式重機追突警告システム3。

フォークリフトの屋根に電波送信ユニットを取り付けます。 作業員の衣服にペン型の携帯型受信機を装着します。 作業員にフォークリフトが近づくと、ペン型受信機がアラーム音で警告します。
工場内での交通事故防止、衝突防止、安全対策に。

一人作業緊急無線通報装置
作業員携帯式ジャイロセンサー発信器を使用、一人作業緊急無線通報装置。

転倒検知するジャイロセンサー内蔵電波発信器を携帯した作業員が倒れて動かなくなると、 センサーが事故と認識して離れた事務所などに緊急コールを行う緊急呼び出し装置です。