2018年12月04日

接点信号監視用ショートメール自動通報装置の接点異常を知らせるメール文面。

メール文面は以下の3つに分けて登録します。
①ヘッダー
②所在地情報
③警報メッセージ
メールメッセージの文面は上の①②③が『。』で区切って連続して表示されます。

登録できる文字数は以下の通りです。
①ヘッダー (全角文字最大8文字)
②物件所在地情報 (全角文字最大25文字)
③警報メッセージ (全角文字最大30文字)

警報ショートメールの文面の例。以下のように登録した場合。
①ヘッダー → 『警報発生』
②物件所在地情報 → 『工場警報盤』
③警報メッセージ → 『接点信号1番が発報しました』

以下の文面のメールが発信されます。
『警報発生。工場警報盤。接点信号1番が発報しました。』


接点信号監視用ショートメール自動通報装置
接続された設備や警報盤から接点信号(最大無電圧a接点8点まで監視可能)が通報機の入力されるとショートメールを使って
予め登録された電話番号(最大6カ所)のスマホや携帯電話へ自動的に緊急連絡を行います。


musenswitch at 11:14│メール 
最新記事
PR
無線式重機追突警告システム
無線式重機追突警告システム

カード型電波発信機を装着した現場作業員に一定の距離までフォークリフトが接近すると、 フォークリフトの運転席のランプで接近警告の注意を促す無線システムです。 同一場所で複数の重機と複数の作業員が同時に使用することもできます。 フォークリフトと作業員の接触防止対策、事故防止対策に。

無線式重機追突警告システム2
無線式重機追突警告システム2

工場や倉庫の交差点や曲がり角に設置されたパトランプ受信機に電波発信器を つけたフォークリフトが接近すると、自動的に回転灯が回って周囲の作業員に注意を促します。
工場内、倉庫、構内などの交通事故防止対策、衝突防止対策、安全対策に。

無線式重機追突警告システム3
無線式重機追突警告システム3。

フォークリフトの屋根に電波送信ユニットを取り付けます。 作業員の衣服にペン型の携帯型受信機を装着します。 作業員にフォークリフトが近づくと、ペン型受信機がアラーム音で警告します。
工場内での交通事故防止、衝突防止、安全対策に。

一人作業緊急無線通報装置
作業員携帯式ジャイロセンサー発信器を使用、一人作業緊急無線通報装置。

転倒検知するジャイロセンサー内蔵電波発信器を携帯した作業員が倒れて動かなくなると、 センサーが事故と認識して離れた事務所などに緊急コールを行う緊急呼び出し装置です。